【銘柄分析】3835eBASE【商品情報DB】2

スポンサーリンク
銘柄分析
スポンサーリンク

こんばんは。建設リーマンのイスト(@GcKeast)です。

3835eBASEの銘柄分析をアップデートしていきます。(第2回)
決算間近で目立ったニュースがありません。

過去記事↓
(利確の記録でもある)

【銘柄分析】3835eBASE
3835eBASEの銘柄分析をしていきます。 どういう会社なのか。結論から言うととても将来性のある会社だと思います。 ...

いったん利確して再び決算跨ぎ準備中

スポンサーリンク
スポンサーリンク

基本情報

3835 eBASE (いーべーす)

東証1部
株価 1,196円
PER -
PBR 12.02
配当 未定 利回り 未定
時価総額 564億円  ※10/22終値信用倍率 8,370倍

商品情報データベースソフト「eBASE」の開発・販売。
BtoBでスーパーなどの業務支援
フードロス対策

取引先企業はここで見れますがかなり多いです。
https://www.ebase.co.jp/company/company04/index.html

特に食品系はほとんど網羅しているのではと思うレベル
イオン、オイシックス、ベルク、ヤオコー、西友、ダイエー、コストコまで約23,500社
その他
有名企業多数でユーザー数は163,562ユーザーとありました。
※10/1時点 164,309ユーザー(+747)ほとんどがjrの増分

業務と会長のインタビュー

常包(つねかね)会長のインタビュー記事
(2019年1月で少し古いですが)(当時は社長)
・基本機能を激安にすることで競合他社の新規参入を許さない
・eBASEを使わないことがむしろマイナス(生産性向上、発注ミスの低減)
など、ナルホドと思う内容がいっぱいでした。

日足チャート

7月末決算からの下げの後いったん急浮上するもダラダラと失速中

前回利確した9月後半の1445円はなかなかの神利確でした(笑)
・出来高上昇
はやはりトレンド転換のポイントとなり得るようですね。

直近の決算

2020/7/31の1Q

3か月決算では前年同期比から
売上高 +3.2%
最終益 +29.6%
EPS  +25.0%
それ以降のニュースは全く出ていませんし、
次回の2Q中間予想も5月から未発表のまま更新されていません。
2Q決算発表日は10/30

今後の方針、予想

ポジションが増加中です。

今回は実験的にやっている部分もあります。

イスト
イスト

なら、眺めておくだけでもいいんじゃ・・・?

という声も聞こえてきそうですが、私が保有するポイントは、

・決算が良いと予想している
これが一番!
会社予想も出ておらず、月次も発表していない会社ですが、月額課金の収益モデル
コロナで勢いに乗った食品スーパーは軒並み採用している。
他には、
・ボリンジャーバンド-2σ突き抜け
(コロナ以降は-2σを一度も突き抜けておらず、付近でリバウンドしていた)

逆に、不安なポイントとしては、
・右肩下がりのトレンド(100日、200日は上向き)
・MACDが下向き
・トレンド転換の出来高上昇がみられていない
・信用倍率激高(売り圧力)
・前回の好決算発表後に大きく下げて戻りきれていない
・業績予想の修正が出ていない

開示ルール
売上高に10%以上の増減
営業利益・経常利益・当期純利益に30%以上の増減
中間予想も配当予想も未定なままなんですよね

ミステリー銘柄!
まさに決算ギャンブル(笑)
さて、10/30の決算発表が楽しみです

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村
ブログ村ランキングに参加しています
応援クリックお願いします。
イストの投資ブログ - にほんブログ村

この記事を書いた人
イスト

イスト(@GcKeast)です。30代建設リーマン。主に投資に関すること、優待株、高配当株、米国株についてブログを書いています。

イストをフォローする
銘柄分析
スポンサーリンク
イストをフォローする
イスト投資ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました