【銘柄分析】6027弁護士ドットコム【弁護士】【クラウドサイン】【電子認証】

スポンサーリンク
銘柄分析
スポンサーリンク

こんばんは。建設リーマンのイスト(@GcKeast)です。

6027弁護士ドットコムの銘柄分析を行っていきます。
名前から弁護士関係の仕事かと想像しますが、電子認証がかなりホットです。

イスト
イスト

副事業が主事業を上回る日も近い?

今回も有益な情報を得るために調べていきましょう

スポンサーリンク
スポンサーリンク

基本情報

6027 弁護士ドットコム

マザーズ
株価 12,990円
PER -
PBR 131
配当 - 利回り -%
時価総額 2,892億円  ※10/26終値
信用倍率 15,78倍

弁護士の半数が登録しており、営業支援と有料会員向けの法律相談
税理士向けも運営
電子認証のクラウドサインも運営

株主優待制度

なし

日足チャート

3月コロナを機に電子認証期待でずっと右肩上がり
菅首相誕生後は関連銘柄として一段と上げていた。

マザーズ崩壊とともに急落中

でも、出来高はそんなに大きく変動していない。
MACDはデッドクロス

直近の決算

本日2020/10/26の2Q

3か月決算では前年同期比から
売上高 +28.3%
最終益 +57.5%
EPS  +55.6%
前年同期比との比較は良いが、1Qの利益の少なさは「販売費および一般管理費」が高いこと
去年の3Qの赤字はテレビCMの影響と設備投資(不動産、ソフトウェアなど)の影響
決算説明資料に各セクター毎の売上が載っているものの、その伸びが載っていなかったのでExcelで簡単に計算させた。
・売上に対してクォーター毎の増減を「前期比」に記入
(季節性があるものでないので1Q毎に比べても良さそう)
・太字にしたのが前年同期と比較した売上の伸び
・本業である弁護士サービスは13~19%の伸びを継続中
・有料会員サービスは登録者数が減っているため下落中
・電子認証のクラウドサインの伸びがすごい
・税理士の伸びも20~80%とかなり良い

今後の予想、方針

現在はノンホル

・弁護士の登録者数が伸びていて営業支援の業務は好調
・税理士向けも好調
・電子認証のクラウドサインは絶好調
(クラウドサインという別会社があっても良いくらい(笑))
以上の理由より、保有したいと思っています。
しかし、今は地合が非常に悪く、マザーズ銘柄が辛い現状なので、もう少し様子見したい
MACDのトレンド転換、出来高の上昇を注意深く見ていきたい。
今一度チャートを見ましょう
今日の終値12,990円の現在の水準で
25日移動平均線→12,835
50日移動平均線→12,154
75日移動平均線→11,416
100日移動平均線→10,800
200日移動平均線→9,049
7月末、9月の下げでは75日移動平均線を意識しているので、1つの目安は11,400円といったところでしょうか。

それでも1単元が約100万円超えるとためらいますよね

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村
ブログ村ランキングに参加しています
応援クリックお願いします。
イストの投資ブログ - にほんブログ村

この記事を書いた人
イスト

イスト(@GcKeast)です。30代建設リーマン。主に投資に関すること、優待株、高配当株、米国株についてブログを書いています。

イストをフォローする
銘柄分析
スポンサーリンク
イストをフォローする
イスト投資ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました