【IPO初当選】コラントッテ初値売り結果【新規公開株式】【初値売りのメリット・デメリット】

FIRE,株の知識
スポンサーリンク

どうも。サラリーマン投資家のイスト(@GcKeast)です。
twitterもよろしくお願いいたします。

先日、喜びの当選報告をさせいただいた、新規上場株の7792コラントッテですが、
本日2021/07/08、上場を迎えることができました。

当選を喜ぶ記事はコチラ

【祝!IPO初当選】コラントッテ初当選【新規公開株式】
IPO初当選!当たったらすること 7792コラントッテ

結果はいかに!?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

実現損益

公募価格 1,100円に対して 初値は 1,385円でした。

+28,500円 +25.9%

予想が1,200~1,600円とされいたので、まぁ妥当なラインでしたね。

イスト
イスト

ほんとはもう少し期待していたのですが(笑)

なぜ初値売りをするのか

本日の5分足チャートを見ていきましょう。

実は、今日の高値は終値の1,685円と、当初予想の上限まで達していました。
そこで利確できればと思ってしまいますよね

イスト
イスト

この悔しさはごもっともですが、下記の理由で初値売りを決行しました。

初値売りのメリット

・不安定な株価に惑わされることなく、利確できる

IPOしたばかりの銘柄は注目度が高く、その分値動きも激しいです。
「もっと上がるかも!!」と持ち続けている時に限って暴落に巻き込まれたりします。

当選した時点である意味「勝ち」

二兎を追う者は一兎をも得ず

 

イスト
イスト

もし粘ってて、公募価格割れなんてしようものなら、どれほどの悲しみに包まれるでしょうか・・・

・注文がラク

楽天証券の場合、前日の17:15以降から売り注文が出せます。

初めてのことだったので、この「概算損益」に戸惑ってしまいましたが、

問題なく、実際の初値で処理されました。

(写真は執行条件:今週中になっていますが、あとから、
当日の日付2021/7/8を指定して、成行の売り注文を行っています)

株価が気になって気になって他のことが手につかない!
なーんてことはこれでなくなります。

初値売りのデメリット

・値決めの後に上昇する場合がある
・2日目、3日目に高値を記録する場合も

これは何もIPOに限ったことでなく、ほかの銘柄でも言えますね。

今回は初値後に上昇して悔しいですが、そもそも値動きが読めるのならば苦労はしない!

まとめ

IPO初当選から売却までの一連の流れを、ようやく実際に体験することができました。

現金分として保有している枠に余裕があるときはこれからも申し込みを続けていきたいと思います。

イスト
イスト

それにしても今日の上場は時合がかなり悪かったのでは?と思ってしまいます。

※投資は自己責任

↓の記事はフルポジの方が結果的に得をするのでは?という記事です。

【コラム】IPO応募続ける?【新規公開株式】機会損失?
IPO応募続ける?当選すればうれしいIPOについて最近思うこと

コメント

タイトルとURLをコピーしました