【銘柄分析】3050DCMホールディングス【優待到着】

スポンサーリンク
銘柄分析
スポンサーリンク

どうも。サラリーマン投資家のイスト(@GcKeast)です。

私の長期保有銘柄の1つである3050DCMホールディングスについて記載していきます。

本日、優待券が届いたので記事にします。

イスト
イスト

優待をどう使うか悩むのもまた一つの楽しみです。

有益な情報を得るために調べていきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

基本情報

3050 DCMホールディングス

東証1部
株価 1,007円
PER 7.9倍
PBR 0.64倍
配当 16+16=32円 利回り3.18%
信用倍率 2.73倍
時価総額 1,642億円    ※6/3終値
会社情報 | DCMホールディングス株式会社
ホームセンター国内大手の「DCMホールディングス株式会社」は、「お客さま視点からの流通改革」と「くらしの夢をカタチに」の実現に向けて、グループ一丸となって積極的に対応してまいります。

言わずと知れた大手のホームセンター。
ホーマック、カーマ、ダイキ、ホダカ、ケーヨーデイツーなど皆さんの生活圏内にもどれかはあるのではないでしょうか。

イスト
イスト

PB(プライベートブランド)の展開が幅広く、品質のいいものが多い印象です。

株主優待制度

決算期末(2月)に保有している株数に応じて以下のような優待券

継続保有3年未満
100株~499株  500円
500株~999株 1,000円
1,000株以上  2,000円
継続保有3年以上
100株~499株 2,000円
500株~999株 3,000円
1,000株以上  5,000円
3年以上の長期保有が断然お得です。
私も本日頂くことができました。

チャート

日足チャート

コロナ前からの少し長めの日足チャートを描写させました。
この期間での高値は2020年9/23につけた1557円
今はコロナ前の水準に戻っています。

決算情報

最新決算は4/9に発表した4Q 通期決算
3か月決算である4Qでは
売上 100,159→106,782 +6.6%
営業益 2,946→2,035 -30.9%
経常益 2,716→1,694 -37.6%
最終益 2,101→-467 赤字転落
EPS  15.8→-3.2  赤字転落
という結果でした。
来期の通期予想は
売上 471,192→457,900 -2.8%
営業益 30,254→31,500 +4.1%
経常益 29,550→30,700 +3.9%
最終益 18,594→19,000 +2.2%
EPS  127.3→127.5  +0.2%
2021年度は全項目で過去最高を達成しましたが、来期については売り上げはマイナスなもののほかの項目はすべて更なる更新を見込んでいます。

配当及び配当性向

2021年度の配当は5社合併による記念配2円を含んだ
(14+2)+(14+2)=32円でした。
配当性向を計算します。
2021年度EPSは127.3なので、記念配を加えた32円の配当では、
32÷127.3=25.1%
ちなみに、過去分は
2017年 28.5%
2018年 32.4%
2019年 30.0%
2020年 27.1% でした。
配当性向を明言している文は見つけられていませんが、
30% は明らかに意識されている感じがします。
2022年度のEPSが予想通り達成したとした場合
127.5×0.30=38.25

増配の可能性は少しある!?

月次前年比速報

月次売上・客数・客単価を毎月公表している。

月次報告 | 財務情報 | IR情報 | DCMホールディングス
DCMホールディングスの「月次報告」のページです。ホームセンター国内大手の「DCMホールディングス」は世界中から社会的に必要とされ人々に信頼され、永続するために顧客満足を実現します。
2022年度分は3,4月を発表しており、
売上、客数は前年割れ、客単価は前年超えとなっています。
客単価が上がっており、PB商品が多く売れているなら利益率も改善されて良さそうな感じがします。

まとめ、コメント

ホームセンター銘柄はコロナの恩恵を受けた一時的な成長かと思いましたが、新しいライフスタイルに欠かせない存在となっているように思えます。

イスト
イスト

1単元は長期保有前提で持ち続けますが、買い足すかどうかは少し判断が難しいように思えます。
(200日移動平均線が下向きで下落トレンドの途中に思える)
ただ、指標的には割安ともいえるので底値のような感じもします。

また、配当も高めですが、長期保有の優待を含めた場合(100株保有)は、

(32+20)/1007=5.16%

と、かなりお得な感じです!

配当はNISAでなければ税金分引かれますが、優待は額面通りに何かしら買うものに使えるのでお勧めです。

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村
ブログ村ランキングに参加しています
応援クリックお願いします。
イストの投資ブログ - にほんブログ村

この記事を書いた人
イスト

イスト(@GcKeast)です。30代建設リーマン。主に投資に関すること、優待株、高配当株、米国株についてブログを書いています。

イストをフォローする
銘柄分析
スポンサーリンク
イストをフォローする
イスト投資ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました